日本の4番に座った中田は2打数無安打(2四球)に終わり、快音は聞かれなかった。  初回の第1打席と五回の第3打席は、三塁に走者を置いた。スタンドは沸いたが、いずれも力のないフライに打ち取られた。「打...[記事全文]