先発枠の5、6番目を争うバースが来日最長となる5回を投げ3失点。収穫はあったが課題も残る内容で、開幕ローテーション入りへ合格点は出なかった。  テンポは良かった。ストライクが先行し、四球はゼロで72...[記事全文]