鎌ケ谷球場は降りしきる雨でグラウンドがぬかるみ、試合中は気温が7度以下という最悪のコンディション。大谷が2死満塁と走者を背負った場面で試合は中断され、ノーゲームに。「内容があるピッチングではなかった...[記事全文]