六回の4失点は中島のエラー絡みだった。守備の名手はこの日、四回にもゴロをはじいており、計2失策と精彩を欠いた。  六回無死一塁で、正面の強いゴロ。併殺と思われたが、トンネルして逆にピンチを広げてしま...[記事全文]