吉川は四回途中で球数70球を超え、ランナーを2人残したまま降板した。「4イニングは投げたかった。ボール球が多すぎた」。すっきりしない投球内容に表情は浮かなかった。  力のある140キロ台中盤の直球で...[記事全文]