オープン戦の最終戦は、先発候補ながら開幕当初はブルペンに回る見通しの高梨を含め、中継ぎ、抑えの8投手でつないだが、それぞれに収穫や課題が浮き彫りとなった。  光ったのは五回に4番手で登板した井口だ。...[記事全文]