4年ぶりのリーグ優勝に向け主砲の奮起は欠かせない。打線の中心に座る中田に、オープン戦での手応えや今季への決意を聞いた。(聞き手・喜代吉健介)  ――オープン戦は打率2割8分6厘、3本塁打7打点。打撃...[記事全文]