開幕戦の独特な雰囲気に飲まれたかのようだった。大谷が立ち上がりにずるずると3失点。試合の流れを呼び込めなかった。  1番の岡田の3球目に早くも球速160キロをマークしたが、直球もフォークも、何度も手...[記事全文]