一回の攻防が勝敗を分けた。大谷の乱れにつけ込んで3点を奪ったロッテとは対照的に、日本ハム打線は不安定な涌井の立ち上がりをとらえきれず、流れをつかめなかった。  先頭の陽岱鋼が右前打で出塁。2番の西川...[記事全文]