チーム一番乗りで、中島が猛打賞を達成した。二回の第1打席では、二死二塁から大嶺祐のカーブを積極的に狙った。打球はしぶとく遊撃手の横を抜け中前へ。先制打でチームを鼓舞した。  「数少ないチャンスで打つ...[記事全文]