今季チーム1号を放ったのは3年目の石川亮だった。  0―3の四回、1死満塁で打席に。0―2と追い込まれ「ゴロで凡退より、三振か外野フライか。思い切って振った」と開き直って打った当たりが左越えの逆転満...[記事全文]