二回まで好投しながら、三回に崩れて3回3失点。斎藤にとって悔いの残る登板となった。  滑り出しは、昨季終盤から手応えを得ていた直球で押し、ファウルを奪うなどストライクを先行させてペースをつかんだ。一...[記事全文]