昨季の新人王が初の実戦でまずまずのスタートを切った。走者を出しながら粘りの投球で2回を無失点。「何とか抑えられて良かった」と安堵(あんど)感をにじませた。  好投した大谷の後を受けて三回に登板。各回...[記事全文]