日本ハムは近藤健介捕手が名護市内の病院で診察を受け、インフルエンザA型と診断されたと発表した。インフルエンザと診断されたのは太田に続き2人目。近藤は宿舎で静養し、様子を見ながら練習を再開する。...[記事全文]