韓国プロ野球SKとの練習試合で、5年目の大嶋が2点適時二塁打を放ちアピールした。6番DHで先発出場。七回1死二、三塁の好機で内角のスライダーを右中間にはじき返した。「それまで3打席凡退だったので1本...[記事全文]