3試合連続で1得点と低調な打線の中、陽岱鋼が意地のタイムリー。走攻守3拍子そろい、チームの屋台骨を何年も支えてきた背番号1が今季にかける強い思いを見せつけた。  陽らしく早めに仕掛けた。三回1死一、...[記事全文]