8月に行われた陸上の兵庫県高校ユース対校選手権(ユニバー記念競技場)の男子砲丸投げで、1、2年とも赤穂の選手が栄冠に輝いた。全種目を通じて同校勢の優勝は43年ぶり、男子では47年ぶりの快挙。互いにアドバイスし、相乗効果で好成績につなげた。(金山成美)

 2年の京増来都(きょうます・らいと)は最終6投目、初の13メートル台となる13メートル40を投げて逆転で頂点に立ち、「跳び上がりたいのを抑えたくらいうれしかった」と喜びを爆発させた。

...    
<記事全文を読む>