8月23日に行われた陸上のセイコー・ゴールデングランプリ(東京・国立競技場)には、今夏の全国高校総体(インターハイ)が中止となった高校生も「ドリームレーン」として設けられた枠で出場した。女子100メートル障害では伊藤彩花(福岡・青農高3年)が参戦。新型コロナウイルス感染拡大の影響で集大成の場は失われたが、来夏の東京五輪会場で一流アスリートと競った貴重な経験を次のステージでの飛躍に生かす。

来月全国大会で高校記録狙う

 「楽しかった?」。レース直後に、女子100メートル障害の日本記録保持者の寺田明日香(パソナグループ)から声をかけられた。伊藤は「すごく楽しかったで...    
<記事全文を読む>