ホッケーの高校女子サマーチャレンジカップ2020最終日は8月15日、岐阜県各務原市の川崎重工ホッケースタジアムで行われ、決勝は福井県の丹生が岐阜各務野を2―1で下して優勝した。

 丹生は前半を0―0で折り返すと、後半の第3クオーターにペナルティーコーナー(PC)から川口暖加のシュートで1点を先制。直後に同点とされるが、再びPCから吉田未唯がゴールを奪い勝ち越した。川口主将は「苦しい時に走って勝つ丹生のホッケーができた」と胸を張った。

 大会は、新型コロナウイルスの影響で全国高校総合体育大会(インターハイ)が中止になったことを受け開催。今年1月の「ウインターリーグ...    
<記事全文を読む>