今夏の全国高校総体(インターハイ)と県総体の中止を受けた県高体連主催の代替大会は10日、厚木商高でソフトボール女子の準決勝と決勝が行われ、光明相模原が決勝で座間総合を12─1で下して優勝した。

 光明は初回に村井の右前適時打などで2点を先制。以降も毎回得点で快勝した。

 9日に決勝が行われた男子も光明相模原が頂点に立った。

 代替大会は19競技が実施予定で、今月から順次開催される。

思う存分やりきり…涙

 こみ上げてきた涙は喜びか悲しみか。光...    
<記事全文を読む>