新型コロナウイルス感染拡大で中止になった県高校総体、全国高校総体(インターハイ)などの代替大会として7月、伊勢市内で開かれた陸上競技の県高校体育大会。男子400メートルリレー優勝の津西はこの大会のため再び集結した3年生らが有終の美を飾った。

旧チームから岡本宰、上村壮太、中垣内太智の3年生3人が残る。昨年の県総体は41秒75で準優勝しており前年を上回る活躍が期待されていた。しかし今年春以降、コロナ禍で目標としてきた大会がすべて中止に。かねてから大学でも陸上競技を続けるつもりだった中垣内以外は受験勉強に切り替え、リレーチームは一時解散した。

転機を迎えたのは6月。県...    
<記事全文を読む>