御前崎市で合宿する運動部を総合的にサポートする官民の取り組み「御前崎スポーツ振興プロジェクト」が、小中高生の選手らを対象にした独自のスポーツ弁当を作り、市内のホテルで二十九日、関係者に披露した。新型コロナウイルスの影響で合宿誘致が苦戦する中、栄養バランスに優れた食事を用意して御前崎への来訪を呼び掛ける。八月から注文を受け付ける。

 (河野貴子)
 市職員の管理栄養士で、日本スポーツ協会公認スポーツ栄養士の河原崎裕香さんが監修。カルシウムと鉄分、タンパク質のほか、疲労回復や持久力向上に効果的な糖質をバランス良くとれる献立を考えた。
 サケご飯、豚肉のしょうが焼き、鶏肉の...    
<記事全文を読む>