昨年の全国総体3位の貫禄を見せつけた。女子やり投げの田畑は、2位に5メートル以上の差をつけ、昨年の県総体に続いての優勝。けがの影響で本調子ではなかったが、最終6投目に大会新記録をマークした。
 昨秋の県新人大会で右肘を痛め、今もリハビリが続く。5月からソフトボールなど300グラムの軽いものを投げ始め、本格的に練習を再開したのは5月下旬。「投げるのに恐怖心があった」と予選は気持ちの整理に時間がかかった。だが、上位8人による決勝は徐々に調子を上げた。「(決勝から)気持ちを切り替え、思い切り腕を振り切れた」と収穫があった。
 今年の全国総体はエコパスタジアムで行われるはず...    
<記事全文を読む>