2020秋田県高校軟式野球大会(県高野連主催)最終日は6日、秋田市のさきがけ八橋球場で決勝を行い、秋田工が本荘に2―1でサヨナラ勝ちし優勝した。秋田工は、8月9~11日に宮城県大崎市などで開かれる東北大会に出場する。

 秋田工は四回、川村波の適時二塁打で1点を先制した。同点に追い付かれた九回は、先頭の桑原が左越えに三塁打を放って出塁。本荘の敬遠策で無死満塁となり、暴投を誘って試合を決めた。先発川村真は9四死球と制球に苦しんだが、要所を抑え1失点でしのいだ。

 本荘は同点とした後、無死満塁と好機が続いたが生かせなかった。

...    
<記事全文を読む>