新型コロナウイルスの影響で中止になった県高校総体の代替大会がスタートした4日、今大会を最後に引退する各競技の3年生から「やりきった」「悔いはない」と充実感に満ちた言葉があふれ出た。各競技の大会関係者は感染対策に細心の注意を払いながら運営し、保護者は開催にこぎ着けてくれたことに感謝した。

 ■「思い出残る」
 サッカー男子の藤枝東は引退する3年生中心のメンバーで藤枝西戦に臨んだ。藤枝地区の代替大会は近隣校との2試合だけ。冬の全国を目指す3年生も多いが、ゲームキャプテンを任された杉原翔太と中学時代からのチームメート伊藤一玖磨のコンビは受験に向けて部活に一区切...    
<記事全文を読む>