▽女子準決勝
 富士見 2―0 駿河総合
 島田商 2―1 浜松市立
 ▽同決勝
 富士見 2(25―18 25―18)0 島田商

 ■引退3年生 最高の花道
 2月の県新人大会と同一カードとなった女子決勝は、富士見が雪辱を狙った島田商を返り討ちにした。3年生11人のうち4人が今大会限りで引退。「勝って送り出そう」とチームが一つになった。
 地区予選から全9試合ストレート勝ち。高さがない分、コンビプレーや守備力を磨いてきた。畑主将は「今までで一番良い戦いができた」と胸を張る。
 センター江塚は悩みに悩んだ...    
<記事全文を読む>