2連覇を目指していた全国高校総体(インターハイ)の中止が決まっても、陸上女子棒高跳びの古林愛理(明石商)は「違う目標があるから気にしていない」と気持ちが切れることはなかった。その一つが「日本高校記録(4メートル12)を塗り替えること」。11日にユニバー記念競技場で開幕する兵庫選手権での更新を視野に入れる。(金山成美)

...    
<記事全文を読む>