新潟県バスケットボール協会は13日、高校年代で争う県選手権1次ラウンド(23~25日・アオーレ長岡ほか)の開催を決定した。新型コロナウイルス感染拡大による全国高校総体(インターハイ)や県高校総体の中止を受け、高校3年生の救済措置として企画した。

 全日本選手権の予選を兼ねる県選手権は例年7月に開催し、社会人や大学のほか、県高校総体8強チームに出場権が与えられていた。しかし県総体後に新チームに移行する高校がある上、インターハイ前の時期でもあるため、高校年代の出場は少なく、昨年は男女1チームずつだった。

 今年は夏の大舞台が中止になったことから、...    
<記事全文を読む>