新型コロナウイルス感染拡大の影響で初の中止となった全国高校総体(インターハイ)のホッケー女子の代替大会「高校女子ホッケーサマーチャレンジカップ2020」が8月12日から、岐阜県各務原市の川崎重工ホッケースタジアムで開催されることが28日、関係者への取材で分かった。

 大会は県ホッケー協会と同市ホッケー協会などの協力を得て実施。出場校は、同総体で過去24度の優勝を誇る岐阜各務野のほか、昨年同総体優勝の石動(富山)、今夏のホッケー競技開催県だった栃木の今市など、全国20校以上が参加しているウインターリーグ(毎年1月開催)の上位8校に決まっている。14日まで2組に分かれて予選リー...    
<記事全文を読む>