夏の県王者を決める運命のPK戦で、途中出場の守護神が大仕事をやってのけた。佐賀商のGK山口晃毅てるきは、相手のPKを2度阻止し、優勝をたぐり寄せた。けがで準々決勝と準決勝を欠場していただけに「悔しい思いがあった。絶対に貢献するという気持ちだった」と白い歯を見せた。

 1点を追う後半31分。松尾智博監督は「自分の力を信じて10割を出してこい」と山口をピッチに送った。終了間際に同点とした直後に迎えた1対1のピンチでは、体を張って冷静に決定機を阻止。「自信があった」というPK戦は、事前のデータを信じて1本目を右手ではじき、3本目は横っ飛びして残った左足を懸命に伸ばして防いだ。 <記事全文を読む>