新型コロナウイルスの感染拡大で中止になった県高校総合体育大会の代替大会が今夏、東北各県で行われる。各県の高校体育連盟のまとめでは24日現在、青森が卓球やボクシングなど28競技を実施するのに対し、岩手はサッカーなど6競技にとどまり、対応は分かれた。

 秋田で25競技、宮城で23競技、山形で14競技、福島で11競技が実施される。屋外競技の陸上とソフトボール、ソフトテニスは6県全てで代替大会が開かれる。
 青森は実施競技が多い理由について「3年生の発表の場をつくってあげようと各競技の専門部に前向きにやり方を考えてもらった」と説明。社会人も出場する大会で高校生の記録を抜き...    
<記事全文を読む>