新型コロナウイルス感染拡大の影響で全国高校総体(インターハイ)など大会の中止が相次ぐ中、道北3校が対戦する高校女子のソフトボール交流会が21日、旭川ドリームスタジアムで行われた。晴天の下、選手は試合でプレーできる喜びをかみしめ、汗を流した。

 旭川北高と旭川商業高、遠軽高が参加。間もなく引退する3年生に試合の機会を与えようと、各学校と保護者会、バレーボールV2男子のヴォレアス北海道に所属する古田史郎選手が設立した「エーバンク旭川」の3者が開催した。

...    
<記事全文を読む>