新型コロナウイルス感染拡大による兵庫県高校総体の中止を受け、県高校体育連盟は17日、ソフトボールの代替大会を8月1日から無観客で実施すると発表した。中止になった夏季33競技のうち、これで9競技で代替大会が決定。残る競技でも検討している一方、馬術は開催を断念した。

 ソフトボールは8月1、2、8~10日に、県内の各高校や加古川河川敷(同県加古川市)などで行う予定。代替大会の趣旨を踏まえ、3年生の登録がないチームの参加は認めない。

 トーナメント方式で優勝を争う。参加チーム数の多い女子は、熱中症や長時間の密接を避けるため各試合で80分を超えて新しいイニングに入らない...    
<記事全文を読む>