1日から一斉登校による通常授業が始まった沖縄県立高校では部活動も再開となった。新型コロナウイルスの影響による活動自粛から約2カ月ぶりの全体練習に、各校各部の選手たちは笑顔で仲間たちと体を動かした。全国高校総合体育大会(インターハイ)は中止が決まったが、県高校総体は7月下旬にも開催される方向だ。高校最後の大会となる3年生も多く、自身の集大成での活躍を目指す。それぞれ感染防止対策を取りながらの始動となったが、練習時間の制限など段階的に緩和し、15日からは活動が全面実施される。

仲間と鍛錬できる喜び 前原高空手部

 胴着の擦れる音や足を踏みつける音が武道場内...    
<記事全文を読む>