新型コロナウイルス感染拡大防止のため休校となっていた福井県内の小中高校で授業が再開した6月1日、一部の高校では部活動も始まった。部員たちは、仲間と一緒に部活動ができる喜びを実感。感染対策やけが防止のため活動が制限され、日常の部活動の光景には遠いが、体育館やグラウンドに活気が戻った。

 2カ月ぶりに練習を再開した福井市の福井商業高校男子バスケットボール部は、約1時間の軽めのメニューで終了。それでも部員たちは「こんなに動いたのは久しぶり」と充実感を漂わせた。

 3年生は8月上旬などに検討されている県民スポーツ祭を引退試合と位置付け練習を続ける。佐々木亮哉主将は「イン...    
<記事全文を読む>