新型コロナウイルスの感染拡大は、中高生スポーツがピークを迎える時期と完全に重なった。各種大会の中止・延期が相次いだほか、部活動の停止に伴い練習もままならない状況が3カ月近くも継続。制限付きながらも一部で部活動が再開したことで、選手らは感染予防対策を徹底した上でのトレーニングが可能になったが、代替大会の実施や秋冬のスポーツの開催可否などは依然、不透明なままだ。

 コロナ禍の影響で、今夏までに予定された中学・高校生の主な県大会、近畿大会、全国大会は軒並み中止となった。授業再開とともに部活動も制限付きでスタートしたことを受け、今後は中学・高校ともに3年生らがこれまでの成果を発表で...    
<記事全文を読む>