■笑顔、トレーニングに汗

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校措置が解除された1日、兵庫県内の高校などでは授業とともに一部で部活動も再開した。目標としてきた全国高校総体(インターハイ)などの大会がなくなった上、兵庫県教育委員会は県高校体育連盟などに対し、7月9日まで公式戦開催を自粛するよう要請。当面の部活動は1日90分以内、週3日が上限の制限があるが、久々に仲間たちと再会した選手たちはさっそくトレーニングに励む一方、感染予防対策の徹底などを確認し合った。

■大会中止、悔しさを力に

 神戸弘陵高内の坂を下り、一面緑の人工芝が目に飛び込むと、男子サッカ...    
<記事全文を読む>