新型コロナウイルス感染拡大による兵庫県高校総体の中止を受け、県高校体育連盟は26日、新たにバレーボールの代替大会を開催すると発表した。7~9月に地区別で実施し、無観客で行う。中止になった夏季33競技のうち、これで15競技で代替開催が決定。一方、ヨットは開催を断念した。

 神戸地区で7月18~24日、但馬地区で8月11、12日に実施する。丹有地区は9月に開かれるリーグ戦を、東播地区は3地域で8、9月にある既存の大会を、いずれも代替大会とする。阪神、西播は8月に練習試合を企画している。

 感染予防として、ボールや備品などを消毒し、控え選手らは声を出しての応援を控える...    
<記事全文を読む>