「平成」が終わり「令和」の時代となった。

 2006年兵庫国体バスケットボール少年女子で地元兵庫のメンバーだった12選手。3分の1がその後、学校現場で子どもたちを教えている。

 「当時を思い出すことはありますね。あの期間は濃かったんで」

 岩手との1回戦で両チーム最多の23点を挙げ、白星発進に貢献した吉田(旧姓広瀬)真希は懐かしむ。

 須磨学園高から園田女大に進み、現在は母校の神戸市立伊川谷中で教壇に立つ(育休中)。

 中学時代には、副甲状腺ホルモンがうまく作用しなくなる副甲状腺機能低下症を患い、1年の夏は競技ができなかった。...    
<記事全文を読む>