オフェンスからディフェンスまで、求められる役割を高いレベルでこなす“オールラウンダー”。インターハイ、冬の全国高校選手権に3年連続で出場しているバスケットボール女子・佐賀北のエース早田菜乃佳(18)には、その言葉がぴったり当てはまる。

 チーム最長身の176センチ。細身ながら当たり負けしない力強さと、コートを縦横無尽に駆け回るスタミナ、切れ味鋭いドライブを武器に、攻守でチームを引っ張る。3年生になり、トップ選手が集まる全日本ジュニア代表候補合宿の一次メンバーにも選ばれた逸材だ。

 小学3年生から地元吉野ヶ里町のクラブチームで競技を始めた。...    
<記事全文を読む>