静岡学園や興国(大阪)など高校サッカーの強豪6校が、新型コロナウイルスの影響で開幕が延期されていた準公式戦「アルティマリーグ」の今夏の開催を計画中だ。スポーツイベント企画会社代表で、リーグを統括する伊藤誠さんは「子どもたちが大きなモチベーションを持てる機会になれば」と力を込める。
 同リーグは技術にこだわる尚志(福島)昌平(埼玉)桐光学園(神奈川)帝京長岡(新潟)を含む6校により、今春から実施するはずだった。コロナ禍で開幕できず、インターハイや他の公式戦の中止で予定が空いた夏休みに開催する検討が始まった。
 最大の課題は感染対策。参加に興味を示す高校は他にもあったが...    
<記事全文を読む>