新型コロナウイルス対策で休止していた運動部活動が18日、多くの県立高校で再始動した。各校とも換気や体温測定、選手同士の距離を空けるなど感染防止対策を徹底。延期になった高知県高校体育大会(県体)を見据え、選手たちは久しぶりにチームメートと汗を流した。
 
 県立高校の部活動は3月下旬にいったん再開したものの、感染拡大や緊急事態宣言の対象が全国に広がったことを受け、4月に入って再び休止になった。高知県教育委員会は5月14日、場所の分散や人と人との距離を十分に確保▽密集や、近距離で組み合ったり接触したりする場面が多い活動の禁止―などの対応をした上での部活実施を各校に通知。...    
<記事全文を読む>