小野秀二さんは秋田魁新報社の取材に対し、「ふに落ちないし、納得のいく説明がない」と強い口調で語った。新型コロナウイルスの影響で本年度の大会の見通しは立っていないが、「ウインターカップで日本一を目指そうと心を一つにやってきたところだった。新年度もヘッドコーチとして指導してもらうとした話と違う」と戸惑いを隠せない。

 能代工業高の全盛期を選手として経験し、古豪復活を掲げて指導に身を賭してきた。「今は昔と違い、留学生を擁する強豪私立と渡り合っていかなければいけない。そんな時代でも能代工業を強くしなければという思いでやってきた」と語る。

...    
<記事全文を読む>