新型コロナウイルス感染症の影響で部活動を中止している学校が多い中、富山第一高校サッカー部では、部員がオンラインを駆使しながらトレーニングをするなど、工夫を凝らして競技に打ち込んでいる。(向川原悠吾)

 富山第一高は三十一日まで休校が続く。分散登校が始まった十八日からはグラウンドでの自主練習が認められるようになったが、全体練習は禁止の状況。大塚一朗監督は全体でトレーニングができるよう、会議アプリの「Zoom(ズーム)」を使って、全部員が参加できる練習を定期的に実施している。

 Zoomを使うと、選手がパソコンやスマートフォンなどの画面に映し出される。大塚監督や指導...    
<記事全文を読む>