秋田北鷹の相撲場にあるホワイトボードには、部員9人それぞれの目標が書かれている。2、3年生全6人の思いは一致していて、全国大会での団体3位を掲げる。

 全国選抜大会(3月21、22日・高知市)に向けても充実した稽古を重ね、手応えを感じていた。昨年9月の全県新人で団体優勝し、個人は櫻田航汰(当時2年)が頂点に立った。東北選抜大会(10月12日・山形県酒田市)でも団体を制し、個人は準決勝で櫻田を下した齋藤晃良主将(同)が制覇。佐藤貴規(同)は個人体重別100キロ以上級で王者になるなど現3年生を中心に好結果を残した。

...    
<記事全文を読む>