新型コロナウイルスの感染拡大を受け、九州高校体育連盟は8日、6月から開催予定だった全九州高校体育大会(九州総体)を中止すると発表した。休校で部活動ができない県が多く、生徒の移動・宿泊の安全も確保できないことから、開催は難しいと判断した。九州総体の中止は初めて。

 同大会は6、7月に九州・沖縄各県で開催され、各県の総体や予選を勝ち上がった選手・チームが出場する予定だった。全31競技で、佐賀県内では相撲、剣道、少林寺拳法、水球の4競技が実施されることになっていた。

 陸上、水泳、ホッケーなどは、夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)の予選も兼ねており、大会中止によ...    
<記事全文を読む>