九州高校体育連盟(幾竹浩子会長)は8日、6月11日~7月20日に九州・沖縄各県で予定していた全九州高校体育大会を中止すると決めた。5月末に始まる全国高校総体の県予選は現時点で実施の方向だが、情勢次第で変更もあり得る。

 各県で新型コロナウイルスの感染者が急増しており関係者の安全が確保できないことや、臨時休校措置で部活動を再開できていない県も多く、十分な準備期間が設けられないことなどを理由に挙げている。九州大会の中止は史上初。ブロック大会の中止は、関東大会に続き2例目。

 全九州高校体育大会は例年、九州各県の県予選を勝ち上がった選手やチームが出...    
<記事全文を読む>