新型コロナウイルス感染拡大が止まらず、再開の見通しすら見えなくなってきた高校部活動。晴れ舞台となるはずだった全国選抜は高体連に加盟する全ての競技で3月開催分は中止となった。岐阜県内でも今月すでに何度も部活動再開日が延期となり、例年5月上旬に開幕する全国総体の予選となる県総体も予定通り開催できるか不安の声も。ある県内指導者は「現時点での部活再開は時期尚早」と理解を示しながらも、「多くの3年生にとって最後となる夏の舞台は何とか立たせてあげたい。だが今後どうなるか予想がつかない」と困惑した表情を浮かべる。

 「今年はインターハイを狙う力は十分にある。だがこういう状況になってしまっ...    
<記事全文を読む>