新型コロナウイルス感染拡大防止を踏まえ、県が6日、感染拡大要注意の10市町にある県立高などを再度休校にすると発表したことを受け、部活動の指導者からは不安の声が相次いだ。

休校が決まった県南地区の県立高野球部の50代指導者は「このような状況で部活動ができなくなるのは仕方ないが、練習不足によるけがなども懸念される」と指摘し、「子どもたちの健康面も考えると、対策を講じた上で部活動を実施したい思いもある」と吐露した。

私立高は各部の判断で活動を決めるが、県南地区の私立高バドミントン部の50代指導者は「部活動実施の有無について、私立と県立で各校それぞれの対応となれば、不安や...    
<記事全文を読む>