県高野連軟式部は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、春季県大会を中止すると発表した。感染防止策を講じた上で18日の開幕を目指していた。

 県教育委員会が示した休校措置延長や部活動の制限などを考慮したという。軟式部を統括する芹川浩二委員長は「生徒の安全面を第一に考えて判断した」と説明。「春の大会後に3年生が引退する学校もある。最後の大会を提供できなくなり残念」と話した。

 これまで同大会の上位4校が夏の神奈川大会のシード権を獲得していた。今夏のシード権については未定で、今後検討する。

 また、5月29日に埼玉県で開幕する予定だった春季関東大会も中...    
<記事全文を読む>